交通事故の示談


交通事故17

交通事故に遭って通院や入院をするといずれ治癒や症状固定になります。どちらにしても今後示談を行うことになりますが、示談は交通事故のクライマックスと言ってもいいほど最も大きなイベントですし、それだけに難しく揉めることもあります。

そんな示談ですが、交通事故の被害者である素人にとってはどのような考え方をしたらいいのかわからないものです。保険会社は利益を追求する企業ですから、できるだけ損失を少なくしたいものです。ですからいいように言って被害者が損をするように仕向けることは多くあることです。

そんな中で妥当な賠償金を勝ち取るための方法はどのように行えばいいのでしょうか。このサイトでは被害者が示談を行う際にどのようにしていったらいいのかについて説明しています。示談は後遺障害が1つの分岐点になります。

後遺障害があるなしで示談の金額が大幅に変わります。そのため、後遺障害のあるなしで示談の方向を分けていかなければなりません。(関連情報 … 弁護士法人アディーレ法律事務所 … 交通事故示談慰謝料

そうすればすっきりとその方向性がわかりますし、示談の方向も見えてくるものです。後遺障害がある場合には基本的には保険会社とのやり取りで示談は行いません。後遺障害があると示談金が大きいので、保険会社とやり取りをして示談金を決めると大幅に損をすることがあります。

また後遺障害がない場合には保険会社と話し合いで示談金を決めるのがスムーズな場合もあります。色んな方法がありますが、基本的には示談金の交渉については専門家である弁護士などに依頼して交渉してもらうなど、損をしないやり方を選択することが大切です。

合わせて読む:後遺障害非該当の例